豊富な素材

豊富な素材

material

  1. HOME
  2. 豊富な素材
  3. ステンレス(SUS)

ステンレス(SUS)

ステンレス(SUS)は非常に錆びにくく、鉄や鋼より強度が高い金属です。加工性も良く、表面には光沢感もあり優秀な素料です。

ステンレス(SUS)の特徴

優れた耐食性
主成分は鉄ですが、クロムを加えることで表面に酸化皮膜ができ、内部が守られ錆びにくくなります。
決して錆びないというわけではないので注意も必要。
鉄・鋼より強度が強い
鉄・鋼より強度が高く、耐久性が求められる場でも使用されます。
溶接ができる
様々な溶接が可能です。表面皮膜が失われてしまわないよう、
品番や用途によって溶接方法を検討しなければなりません。
磁性について
SUS304,303といったオーステナイト系ステンレスは磁性を帯びません。
見た目でわからなくても磁石を利用して種類の判断ができます。

ステンレス(SUS)の種類

SUS301-CSP

比重7.9 / 加工硬化性が大きく高引張強さ。精密部品用ばね材。(オーステナイト系)

SUS304-CSP

比重7.9 / 精密部品用ばね材。(オーステナイト系)

SUS-304

比重7.9 / ステンレスの中でも最も汎用品。 耐熱 一般的に約830℃ぐらい。(オーステナイト系)

SUS‐303

比重7.9 / 快削性に優れる。(オーステナイト系)

SUS‐309

比重8.0 / SUS304に比べ耐熱、耐食性に優れる。 耐熱 約1000℃ぐらい。(オーステナイト系)

SUS-310

比重8.0 / SUS309Sをさらに向上させたもの。 耐熱 約1200℃ぐらい。(オーステナイト系)

SUS-316

比重8.0 / 耐酸性に優れる。高温強度大。(オーステナイト系)

SUS-430

比重7.7 / クロム系の代表鋼種で冷間加工性良好。(フェライト系)

SUS-420J2

比重7.8 / 刃物、ノズル、バルブ等に使用されています。焼入れが必要。(マルテンサイト系)

SUS-440C

比重7.7 / 上記同様、最強の強度を誇ります。(マルテンサイト系)

ステンレスは主に、耐食性の高さを理由に使用されていることが多く見られます。
建築、土木分野では、構造物や建造物の基礎や骨格を支える高耐久のステンレス鉄筋・形銅から、風雪や塩害に耐える外装・屋根材の薄板まで、雨風にさらされる環境におかれることが多いため、耐食性の高いステンレスがよく使用されています。
さらにステンレスは寿命が長いため、修復、交換の頻度が少なく、ライフサイクルコストにおいてもメリットがあります。
食品関係では、冷蔵庫や乾燥機の扉、洗濯機のドラムにステンレスが使用されています。
錆びに強いステンレスは、内部筐体から外観まで生活家電を支えています。
また、切れ味の持続性の高さから、包丁などの刃物にもステンレスが使用されることがあります。
鉄道車両には軽量化目的で使用されることもあり、これに使用されるのは強度の高いステンレスで、サビにくく塗装が不要でメンテナンスもほとんど不要というメリットがあります。

ステンレスは難削材です。
熱伝導率が低いため、切削加工時に発生する熱が逃げにくく、工具へ負担がかかり、摩耗が進行してしまいます。
併せて、加工硬化性が大きい材質でもあるので、工具寿命が短くなります。
加工硬化とは、金属に加工(応力)を加えると、硬さが増す現象のことです。
また、工具との親和性が高く、切り粉が刃物に溶着しやすいためチッピングが発生します。
そのため加工精度がどうしても下がってしまう材質ですが、メタルスピードはステンレスの加工品も多く受けており、技術を持った加工担当者がいるため、精度を保ち加工をすることが可能です。

ステンレス(SUS)の詳細はステンレス(SUS)の特徴【ステンレス(SUS)加工・切削加工】

メタルスピードではステンレスの切削加工をはじめ、アルミ等の様々な金属の加工を承っております。
対応可能な加工は主に下記のものになります。

  • フライス・マシニング加工
  • NC旋盤加工
  • 板金加工
  • ワイヤーカット放電加工
  • 歯切り・キー溝加工

上記以外に研磨やメッキ等の処理にも対応しておりますので、まずはご相談ください。

ステンレス切削加工品例

メタルスピードではフライス・マシニング加工、旋盤加工など様々な加工に対応しております。
アルミ加工、ステンレス加工、金属加工はメタルスピードにお任せください。
短納期で高品質の金属加工品を大阪・東京より全国へお届けします。

対応する加工

マシニングセンタ加工

マシニングセンタ加工

マシニングセンタは工具マガジンに様々な切削工具を内蔵しており、工程順に自動で取り替えながらデータ通りに加工できます。フライス加工、穴開け、タップ等の高精度な金属加工を1台で行うことができ、多品種、小ロットの生産に適しています。自動工具交換機能を備えた全行程が自動化された工作機械により、より正確で、低コストな加工を可能とします。

ワイヤーカット放電加工

ワイヤーカット放電加工

電気を放つエネルギーを活用して、切削加工でいう刃物のように働かせる事によって硬い金属を加工する方法です。金属と金属の間に放電することによって、1秒間に約1000回~10万回もの火花を断続的に生み出し、その熱と衝撃で金属の表面を削っていきます。切削加工とは違い非接触なので、材料に負担をかけることなく加工でき、ひずみの無い高精度加工が可能です。

金属加工方法一覧を見る

納品実績

納品実績はこちら

関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方