金属加工のワンポイント講座

金属加工のワンポイント講座

onepoint

  1. HOME
  2. 金属加工のワンポイント講座
  3. 金属加工の種類と特徴

金属加工の種類と特徴

金属加工は製品・部品を作るための金属に対して行う加工全般を指します。多種多様な金属加工方法があり、用途や形状・数・納期によって最適な加工方法は変わります。金属加工は「形状を変える金属加工」と、「性質を変える金属加工」の2つに大別されます。形状を変える金属加工は、金属の素材を加工して任意の形状にする加工方法です。性質を変える金属加工は、素材に熱や化学的な処理を行うことで、硬度や耐食性などの性質を強化する加工方法です。

金属加工のメリットは、素材の機械的強度が高い点にあります。一般的なプラスチック素材と比較すると金属の強度は高く、耐熱性に優れています。熱膨張係数が低い素材が多く、寸法変化が少ないことも金属加工のメリットです。反対に、硬く重いことから加工の難易度はプラスチックと比較すると高くなります。

金属加工の種類

金属加工は主に「機械加工」「塑性加工」「鋳造」の、素材の形状を変える金属加工と、「熱処理加工」「表面処理」の、素材の性質を変える金属加工に分類されます。

機械加工

機械加工は、工作機械を使って素材を任意の形状に加工する加工方法です。切削加工や研削加工、特殊加工が分類されます。これらはNC旋盤や旋盤機などの専用の機械が必要で、機械加工はこれらの設備を使う部品加工です。

塑性加工

素材の可塑性を利用した加工方法です。外部からの力を与えて形状を変化させた後、外部から力を与えるのを止めても形状を維持できるという性質を活かして加工します。

鋳造

加熱すると溶融し、冷却すると凝固する金属の性質を利用して金属部品を製作する加工方法です。 型に溶融した金属を流し込み、冷却して鋳型から取り出します。金型製作が必要なため初期費用がかかりますが、大量生産に向いた加工方法です。

熱処理加工

熱処理加工は、素材を加熱・冷却することによって、硬度や組織を変化させて性能を向上させる加工です。硬さや耐摩耗性、耐食性を強化をすることができます。

表面処理

金属の表面に皮膜を形成するめっきと、表面を改質する化成処理とがあります。錆が発生することを防ぐ目的の他に、表面の硬化や見た目の美化などの目的にも使われます。

金属加工の主な素材

金属加工実績

金属加工の種類
切削加工
金属加工の種類
切削加工+表面処理(黒染め)
金属加工の種類
切削加工+表面処理(カラーアルマイト)
金属加工の種類
切削加工+溶接加工
金属加工の種類
機械加工+曲げ加工
金属加工の種類
鋳造

金属加工の依頼・相談はメタルスピードにお任せください

メタルスピードは金属の切削加工を中心に行う金属加工会社です。
短納期で高品質の金属加工部品を大阪・東京より全国へお届けします。

ご相談
お見積もり

このサイトはアルミ加工ステンレス加工金属加工の情報をまとめています。金属部品の切削加工を中心に、設計や加工のご相談も承っています。不明点などある場合はお気軽にお問い合わせください。

タグ

関連記事


関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方