豊富な素材

豊富な素材

material

  1. HOME
  2. 豊富な素材
  3. 特殊鋼

特殊鋼

鉄に炭素以外の元素を加えることにより、硬度、強度、粘り強さ、耐摩耗性、耐熱性、耐食性などの特徴が増した、優秀な金属です。

特殊鋼の特徴

工具鋼
耐磨耗性、耐衝撃性に優れた、硬い鋼です。カンナやヤスリ、カミソリといった精度を要求しない工具から、ほかの金属を加工するために、精度、硬さとも要求される工具まで、その用途はとても幅広いものです。Cを多く含有する「炭素工具鋼」(カンナ、ヤスリ、カミソリなど)、W、Cr、Ni含有の「合金工具鋼」(金属やプラスチックの成形用金型)、W、Cr、V含有の「高速度工具鋼(金属切削用の刃物)などに分かれます。
構造用鋼
強度を高め、機械部品から、建築物、橋梁、船舶、車両など広く用いられる鋼。
C、Si、Mnを含有の「機械構造用炭素鋼」(自動車、航空機、産業機械など)と
C、Mn、Cr、Mo、Ni、Al含有の「構造用合金鋼」(建造物)に分けられます。
バネ鋼
Cの多い炭素鋼バネ、Si,Muの多いバネ鋼に大別されます。
軸受け鋼
ベアリングに使用される合金鋼。繰り返しの使用に耐えれるよう耐久性と耐摩耗性に優れます。
ステンレス鋼
錆を防止する。
耐熱鋼
高温下での耐酸化性、耐高温腐食性、高温強度に優れた特性を持つ合金鋼。
Crのほか、Ni、Co、Wなどの元素を含みます。
快削鋼
Pb、S、Caなどを添加した、快削性に優れ、加工が容易な鋼。ねじ、ボルト、ナットなどに利用されます。
高マンガン鋼
一般にMn11%以上を主合金成分とする非磁性の合金鋼。
硬度があるので、耐摩耗性部品に用いられます。
磁石鋼
Cr、Al、Ni、Coなどを添加した合金鋼で、永久磁石特性をもつ鋼。
マグネットや電気機器部品として利用されます。
高張力鋼
Cu、Ni、Crなどを添加して、引張りにも圧縮にも強い、変形しにくい特性を持ちます。
少量の使用で強度が得られるため、自重を軽くしたい橋梁などに利用されます。

対応する加工

マシニングセンタ加工

マシニングセンタ加工

マシニングセンタは工具マガジンに様々な切削工具を内蔵しており、工程順に自動で取り替えながらデータ通りに加工できます。フライス加工、穴開け、タップ等の高精度な金属加工を1台で行うことができ、多品種、小ロットの生産に適しています。自動工具交換機能を備えた全行程が自動化された工作機械により、より正確で、低コストな加工を可能とします。

ワイヤーカット放電加工

ワイヤーカット放電加工

電気を放つエネルギーを活用して、切削加工でいう刃物のように働かせる事によって硬い金属を加工する方法です。金属と金属の間に放電することによって、1秒間に約1000回~10万回もの火花を断続的に生み出し、放つことによってその熱と衝撃で金属の表面を削っていきます。金属間で生み出される火花は6000度にも達し火花誘発や金属の冷却、溶けた金属の飛散のため、また絶縁状態を作り出すために純水や油の中で加工していきます。切削加工とは違い非接触なので、材料に負担をかけることなく加工でき、ひずみの無い高精度加工が可能です。

金属加工方法一覧を見る

納品実績

納品実績はこちら

関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方