金属加工方法

金属加工方法

technology

  1. HOME
  2. 金属加工方法
  3. 焼入れ・窒化

焼入れ・窒化

焼入れとは硬度を上げるための熱処理です。材料に炭素が含まれていないと硬度は上がりません。炭素が含まれている代表例は「S45C(丸材)」「S50C(板材)」「SCM435(丸材)」「SCM440(板材)」などです。 また、素材から焼入れされた「調質材」というものもあります。

アルミ加工、ステンレス加工、金属加工はメタルスピードにお任せください。
短納期で高品質の金属加工部品を大阪・東京より全国へお届けします。

加工方法例

加工方法例

ズブ焼き

一番安く、材質も幅広く対応。納期は中1~2日。

加工方法例

真空焼入れ

寸法変化が少ない。納期は中1~2日。

加工方法例

高周波焼入れ

部分的に硬度を上げるため。納期は中2~3日。

加工方法例

窒化処理

焼入れ温度が低いので寸法変化がほとんどない。

対応する素材

その他 素材

関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方