金属加工方法

金属加工方法

technology

  1. HOME
  2. 金属加工方法
  3. 熱処理

熱処理

加工内容

金属素材や製品を、加熱した直後に冷却し、形状はそのままに性質(強さや硬さ、耐衝撃性、耐摩耗性、耐腐食性など)を向上させる加工方法です。

焼入れ・焼もどし・焼なまし・焼ならし

鋼材の性質を向上させるための熱処理です。

焼入れ

焼入れは鋼を硬くするための処理です。鋼を組織構造が変化する変態点以上の温度まで上昇させた後、一定時間置いて急激に冷却します。硬化の程度は鋼に含まれる炭素量で決まります。また、添加されている合金元素によっても最高硬さや硬化の深さが変化します。低温焼もどしと高温焼もどしに大別されます。

焼もどし

焼きもどしは焼入れを終えたものを再加熱して硬さを調整しながら、粘りや強靭性を高める工程です。焼入れによって鋼の組織はマルテンサイト化して硬くなりますが、そのままでは脆い状態です。基本的に焼入れと焼もどしはセットで行います。

焼なまし

鋼を軟らかくするための処理です。軟らかくすることで機械部品などを切削加工で製作するために都合の良い状態にすることができます。組織を均一にする効果もあります。処理が不完全だと組織や硬さが不均一になり、加工中に歪みや反りが発生する原因となることがあります。

焼ならし

鋼の組織を均一化する処理です。変態点より高めの温度で再加熱して空冷することで残留応力を除去します。

加工方法例

加工方法例

ズブ焼き

一番安く、材質も幅広く対応。納期は中1~2日。

加工方法例

真空焼入れ

寸法変化が少ない。納期は中1~2日。

加工方法例

高周波焼入れ

部分的に硬度を上げるため。納期は中2~3日。

加工方法例

窒化処理

焼入れ温度が低いので寸法変化がほとんどない。

対応する素材

その他 素材

関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方