豊富な素材

豊富な素材

material

  1. HOME
  2. 豊富な素材

強度も高く比較的安価ということもあり、普及率の高い金属です。

鉄の特徴

強度が高い
特に炭素が付加された鉄「S45C」は強度に優れています。焼き入れをすることで強度を上げることもできます。
錆びるのでメッキが必要
そのままだと腐食するため、塗装やメッキなど後処理が必要です。
安価
よく流通しているので材料は比較的低価です。
鉄であること以外に必要な条件がなければSS400をオススメします。
加工しやすい
アルミと同じで加工性に優れています。
その為、加工費を抑えたい試作品や、小ロットの部品の材料に適しています。

鉄の種類

SS400

比重7.8 / 一般的構造用の鉄鋼材です。硬いですが焼入れ等はできません。

S45C

比重7.8 / 機械構造用の炭素鋼で最も一般的です。 炭素が入っているので熱処理をすることで更に強度を上げることができます。

対応する加工

マシニングセンタ加工

マシニングセンタ加工

マシニングセンタは工具マガジンに様々な切削工具を内蔵しており、工程順に自動で取り替えながらデータ通りに加工できます。フライス加工、穴開け、タップ等の高精度な金属加工を1台で行うことができ、多品種、小ロットの生産に適しています。自動工具交換機能を備えた全行程が自動化された工作機械により、より正確で、低コストな加工を可能とします。

ワイヤーカット放電加工

ワイヤーカット放電加工

電気を放つエネルギーを活用して、切削加工でいう刃物のように働かせる事によって硬い金属を加工する方法です。金属と金属の間に放電することによって、1秒間に約1000回~10万回もの火花を断続的に生み出し、放つことによってその熱と衝撃で金属の表面を削っていきます。金属間で生み出される火花は6000度にも達し火花誘発や金属の冷却、溶けた金属の飛散のため、また絶縁状態を作り出すために純水や油の中で加工していきます。切削加工とは違い非接触なので、材料に負担をかけることなく加工でき、ひずみの無い高精度加工が可能です。

歯切り・キー溝加工

歯切り・キー溝加工

歯切り加工は旋盤によって仕上げた金属加工品を様々な形状の歯車に加工します。歯車の種類には平歯車、はすば歯車、かさ歯車、ねじ歯車、ウォームギアなどがあります。通常、加工品に歯切りをする場合は、創作歯切り、成形歯切りの二つの加工方法に分かれます。キー溝加工はキーを差し込むために軸側の外径、ギア等側の内径に溝を加工します。嵌合する部品同士の位置が動かないようにするための加工です。

金属加工方法一覧を見る

納品実績

納品実績はこちら

関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方