金属加工方法

金属加工方法

technology

  1. HOME
  2. 金属加工方法
  3. キー溝加工

キー溝加工

加工内容

キー溝加工は、内径と軸径に溝をつける加工方法です。歯車やプーリーなどの部品と軸を結合し、回転運動を伝える役割や、組み立てや分解の時の位置決めの役割を与えることができます。

主にスロッター加工、ブローチ加工、キーシーター加工の3種類の加工で行います。

スロッター加工

内径のキー溝を削り出します。バイトと呼ばれる刃を主軸に取り付け、上下運動により少しずつキー溝を削っていきます。キー溝加工幅が大きく自由度が高い加工です。

ブローチ加工

ブローチ盤を使い、専用のブローチ加工刃でキー溝を切削します。加工単価が低く、量産のキー溝加工に適しています。

キーシーター加工

外径が大きい加工、キー溝の幅が広い加工など大きなを部品を加工するのに適した加工です。

対応する素材

その他 素材

関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方