充実した加工方法

充実した加工方法

technology

  1. HOME
  2. 充実した加工方法
  3. 歯切り・キー溝加工

歯切り・キー溝加工

加工内容・特徴

歯切りは、歯車を作るうえで最も重要な加工です。
特殊なバイトを用いて製作します。
求める仕上げの精度によって、歯切り加工に使う歯切り盤を使い分けます。
かさ歯車歯切り盤、ホブ盤、ラック歯切り盤、歯車シェービング盤、歯車研磨盤などに分類されます。

キー溝加工とは、嵌合する部品同士の位置が動かないようにする加工です。
キー型の溝を製品の内径または外径に加工します。
キーとは、シャフトの回転動力をギアやプーリー等に伝える時に空回りを防ぐための回り止めのことです。
スロッター加工加工機、マシニングセンタ、旋盤で加工することができます。
スロッター加工機による加工はバイトと呼ばれる刃を主軸に取り付け、上下運動により少しずつキー溝を削っていきます。
※複合旋盤でも同じようにバイトを用いてキー溝加工が可能です。
マシニングセンタ加工は内径や外径をエンドミルを用いて削るため、内径はキー溝の角に外径はキー溝の根元に刃物Rが付きます。

アルミ加工、ステンレス加工、金属加工はメタルスピードにお任せください。
短納期で高品質の金属加工部品を大阪・東京より全国へお届けします。

加工方法例

ギヤ・歯切り

ギヤ・歯切り

ギヤ・歯切り

ギヤ・歯切り

加工方法例

キー溝

加工方法例

ローレット

歯切り・キー溝加工に用いる設備例

その他 設備案内

対応する素材

その他 素材

納品実績

その他 納品実績

関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方