金属加工のワンポイント講座

金属加工のワンポイント講座

onepoint

  1. HOME
  2. 金属加工のワンポイント講座
  3. A5052の特徴|アルミニウム合金

A5052の特徴|アルミニウム合金

A5052はアルミニウム合金の中でも切削加工の材料によく使われる材料です。切削性が良く、汎用性が高い金属であるため、様々な分野の部品に使用されます。この記事では、A5052の特徴について解説します。

A5052の特徴-アルミニウム合金

化学的性質

SiFeCuMnMgCrZnTi
含有量(%)0.25以下0.40以下0.10以下0.10以下2.2~2.80.15~0.350.10以下0.03以下

物理的性質

引張強さ(N/mm^2)195
硬さ (Hv)50
比重2.68
溶解温度 (℃)593~649
耐力 (N/mm^2)90
熱伝導率(cal/°C・cm・sec)0.33

A5052のメリット

切削加工しやすい

A5052はマグネシウムが添加された合金のため熱伝導率が良く、切削性が非常に良好です。マグネシウムの含有量はA5056の方が多く、切削性がより優れています。曲げ加工もできる金属ですが、加工中にクラックが発生する可能性があります。また、光の反射率が高く、反射によって加工レンズを破損させてします可能性があるため、レーザー加工には向いていません。

入手しやすい

A5052はアルミ材の中でも最もメジャーな材料で流通量も多いので入手性が良いと言えます。

表面処理の幅が広い

アルミニウム合金には耐食性を向上させる目的で、アルマイト処理(陽極酸化皮膜処理)を施すことがあります。アルマイトには白アルマイトや硬質アルマイト、カラーアルマイトなどの種類がありますが、A5052はどのアルマイトでも処理が可能です。また、アルミニウムよりも耐食性に優れたマグネシウムが添加されているので、他のアルミニウムよりも高い耐食性を持っています。

溶接加工ができる

アルミニウム合金は熱伝導率が高い特徴のため、溶接が難しい材料ですがA5052の場合、マグネシウムが添加されているのでアルミニウム合金の中では比較的溶接性が高い材料です。ただ、他の溶接加工に向いた金属ほどではない点に注意が必要です。

板厚精度が良い

A5052は板厚精度が良く、厚みに公差がない限り、通常はそのまま4面仕上げで使用が可能です。

A5052のデメリット

傷が付きやすい

表面に傷が付きやすいため、外観を重視する場合などは、アルマイト処理などをすることが望まれます。

ロウ付けが困難

アルミニウムは融点が低く、ロウ付けには向かない材料ですが、A5052は加工性向上のためにマグネシウムが含まれており、アルミニウムの中でもロウ付けには向かない材料です。

Point

A5052はアルミニウム合金の中でも切削加工しやすく、溶接加工にも対応が可能な金属です。また、白アルマイト、硬質アルマイト、カラーアルマイトなどどのアルマイト処理での表面処理が可能です。表面に傷がつきやすいので、外観を重視する場合などは表面処理が必要です。

アルミニウム合金の切削加工を承ります

アルミ加工、ステンレス加工、金属加工はメタルスピードにお任せください。
短納期で高品質の金属加工部品を大阪・東京より全国へお届けします。

ご相談
お見積もり
タグ

関連記事

A5000番系とA6000番系の違い|アルミニウム合金

A5000番系とA6000番系の違い|アルミニウム合金

金属の切削加工の材料として、頻繁にアルミニウムですが、使用される材料のほとんどは純度100%ではなく、他の金属を添加し、その金属の性質を合わせたアルミニウム合金として使用されます。その理由はアルミニウムは他の金属に比べて軽く、錆びにくいという特徴を持つ反面、柔らかく傷つきやすいため、そのまま使うと強度が足りないためです。アルミニウム合金は含有する金属によって番手が定められています。この記事ではその中でも5000番系と6000番系の特徴について解説しています。

アルミニウム合金の種類とその特徴

アルミニウム合金の種類とその特徴

一般に使われている部品のアルミには、純アルミの欠点を克服する為にマンガンや銅、ケイ素、亜鉛、マグネシウム、ニッケルなどが加えられています。上記の金属の性質を合わせることで、強度を上げつつアルミの長所である軽さを併せ持った金属ができます。ここでは主に展伸法と言われる方法で製作されたアルミニウムについてそれぞれ番手とその特徴を紹介します。


関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方