ワンポイント講座

ワンポイント講座

onepoint

  1. HOME
  2. ワンポイント講座
  3. SUS304とSUS316の違い

SUS304とSUS316の違い

SUS304の特徴

SUS304はステンレス・SUSの全生産量60%を占めるオーステナイト系ステンレスの代表格です。常温でのプレス加工や絞り加工(冷間加工)と、溶接加工がステンレス・SUSの中でもトップクラスにしやすいという特徴から、最も汎用的なステンレス・SUSとして、使用頻度が高い金属です。

身の回りにある家庭用品から、建築物の内外装、工場の設備などに使用されています。18%のクロムと8%のニッケルが含まれていることから18Cr-8Niと表示されることもあります。

このクロムとニッケルの含有量がステンレス・SUS金属の中では少ないので、節約型ステンレスと呼ばれることもあります。そのため価格も比較的安価です。

SUS316の特徴

SUS316はモリブデン(Mo)を添加し、耐食性、耐孔食性を向上させた金属です。
ステンレス・SUSが錆びにくい金属である理由は不動態被膜という薄い酸化膜に表面を覆われているためです。
含まれているクロムがこの酸化膜を作り、これが傷ついても自己修復することで、錆を防いでいます。

しかし、不動態被膜があるといっても海水などの塩化物イオンが多い環境では錆が発生しやすくなります。
そこで、モリブデンを添加することでクロムの自己修復作用を高め、より腐食に強くしたのがSUS316です。

不動態被膜は全面で破壊されるということはないので、ステンレスに錆が発生するときは部分腐食となります。
部分腐食の代表が孔食(点状の錆)であり、この発生しやすさはステンレスの成分によって異なります。

SUS316はモリブデン(Mo)とニッケル(Ni)の含有量がSUS304よりも多いため、腐食・孔食に対する耐性も高くなっています。
耐孔食性が高い分SUS304よりも高価な金属であるため、部品の使用環境・用途を考慮した上で選択することをおすすめします。

SUS316・SUS304などのオーステナイト系ステンレス(SUS)は非磁性です。
SUS304は常温で機械加工することでマルテンサイト組織が形成され磁化されるようになります。

対してSUS316はこの現象が起きにくく、機械加工後もほとんどの場合で非磁性を維持しています。

耐熱温度は870℃で、高温環境下での連続使用が可能です。

SUS304とSUS316の物性比較

化学成分炭素(C)ケイ素(Si)マンガン(Mn)リン(P)硫黄(S)ニッケル(Ni)クロム(Cr)Mo
SUS3040.08以下1.00以下2.00以下0.045以下0.030以下8.0-10.518.0-20.0
SUS3160.09以下1.01以下2.01以下0.045以下0.030以下10.0-14.016.0-18.02.0-3.0
物理的性質密度(kg/m2縦弾性係数(Gpa)比電気抵抗(常温)μΩ・cm比熱((0~100℃)KJ/kg ・K)熱伝導率((100℃)W/m・K)熱膨張係数(0~
100
℃)X10-6
SUS3047930193720.516.317.3
SUS3167980193740.516.315.9
機械的性質耐力 (N/m㎡)引張強さ (N/m㎡)伸び (%)絞り (%)HBHRBHV
SUS304205以上520以上40以上60以上187以下90以下200以下
SUS316205以上520以上40以上60以上187以下90以下200以下

SUS316が適した場面

耐腐食性を高めた金属として、沿岸部など海水を含む水に触れる箇所、潮風の影響を受ける環境での使用に適しております。

腐食した際に重大な欠陥に繋がる恐れがある場合や、修復が必要になってしまう箇所は、SUS316が使用されます。

また、SUS316含むステンレス・SUS全般は完全に錆びないわけではありません。
定期的なメンテナンスをすることで長持ちします。

SUS304より少し割高になるため、そこまで耐食性を考慮する必要がない環境であれば、SUS304で十分な場合もあります。

Point

・SUS316はSUS304よりも耐食性に優れた金属で、より腐食の可能性が高い環境で使用できます。
・SUS316は機械加工後もほぼ非磁性を維持しますが、SUS304は加工後に非磁性を失うことがあります。(脱磁処理を行うことで元に戻す処理もあります)
・材料費はSUS304よりもSUS316の方が高額です。


関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方