金属加工のワンポイント講座

金属加工のワンポイント講座

onepoint

  1. HOME
  2. 金属加工のワンポイント講座
  3. ステンレス加工の材料選択|ステンレス鋼の選択に必要な情報を紹介

ステンレス加工の材料選択|ステンレス鋼の選択に必要な情報を紹介

ステンレス鋼には様々な種類があります。用途や形状によって適切な鋼材を選択することでより低コストで、長持ちする部品を製作することができます。この記事ではステンレス鋼材の材料選択の参考として代表的なステンレス鋼の特徴を解説しています。

ステンレス加工の材料選択|ステンレス鋼の選択に必要な情報を紹介

代表的なステンレス鋼

ここではSUS303、SUS304、SUS310S、SUS316、SUS420J2、SUS430、SUS440Cを代表的なステンレス鋼として紹介します。

SUS303

切削性が優れたステンレス鋼で、切削加工に適した金属です。硫黄とリンの含有量を上げ、切削しやすいように調整されています。耐食性はSUS304よりも劣ります。溶接性は極めて悪く、溶接加工には不向きな金属です。オーステナイト系のステンレス鋼で非磁性ですが、加工により加工硬化を起こした部分は構造の変化により磁性を持つことがあります。

SUS304

耐食性と溶接性に優れたステンレス鋼です。他の種類と比較すると溶接の難易度が低く、溶接加工に向いています。オーステナイト系のステンレス鋼で非磁性ですが、加工により加工硬化を起こした部分は構造の変化により磁性を持つことがあります。元々耐食性に優れているステンレス鋼の中でも特に耐食性に優れています。

SUS310S

耐熱温度が1,000℃程度あり、特に耐熱性に優れています。反面、材料コストが比較的高い金属です。クロムとニッケルが多く含有されているため硬度が高い分、切削性が悪くなっています。より高い耐熱性を求められる部品に適しています。オーステナイト系のステンレス鋼で非磁性です。加工により加工硬化を起こした部分は構造の変化により磁性を持つことがあります。

SUS316

特に耐食性に優れたステンレス鋼です。海岸など海水に接触するような環境でのでの使用に適しています。耐食性はSUS304よりも優れていますが、切削性は非常に劣ります。こちらもオーステナイト系ステンレス鋼で非磁性です。他と同様に加工により加工硬化を起こした部分は構造の変化により磁性を持つことがあります。

SUS420J2

焼入れができるステンレス鋼です。炭素の含有量が多く、焼入れにより非常に高い強度を得ることができます。また、焼戻しの調整により幅広い機械的特徴を付与することができます。 刃物やノズル、バルブといった強度が必要な工具や部品に選択されることが多いです。炭素の含有量が多いためステンレス鋼の中では最も錆びやすい欠点があります。マルテンサイト系ステンレス鋼に分類され、磁性があります。

SUS430

ニッケルやモリブデンなどの希少金属を含まないので、比較的安価なステンレス鋼です。全体的な性能はSUS304と比べると劣りますが、加工性とコスト面で優れているため、汎用性が高くSUS304の代用としても使用されます。フェライト系ステンレス鋼で、磁性があります。

SUS440C

マルテンサイト系ステンレス鋼の中で最も強度の高い金属です。焼入れ焼戻しによってSUS420J2よりもさらに高強度にすることができ、硬度はHRC58程度になります。強度、硬度、耐摩耗性に優れ、ベアリング用部品や刃物、金型に適しています。

特徴早見表

耐食性切削性磁性
SUS303
SUS304
SUS310S×
SUS316×
SUS420J2×
SUS430
SUS440C

ステンレス鋼の切削加工など金属加工のご相談・ご依頼承ります。

メタルスピードはステンレス鋼・アルミニウム合金の切削加工を得意とした金属部品のパーツメーカーです。材料の選定・設計段階からのサポートも承っております。ご相談・お見積り依頼があればお気軽にお問い合わせください。

ご相談
お見積もり
タグ

関連記事


関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方