金属加工のワンポイント講座

金属加工のワンポイント講座

onepoint

  1. HOME
  2. 金属加工のワンポイント講座
  3. SUS303とSUS304の違い|代表的なステンレス鋼の比較

SUS303とSUS304の違い|代表的なステンレス鋼の比較

各ステンレス材料の中でも代表的な鋼種であるSUS303とSUS304。オーステナイト系ステンレスに分類され、ニッケルを含んでいます。どちらも入手しやすいステンレス鋼で、特にSUS304は全ステンレス材の中でも扱いが多く、入手性が高く安価です。この記事では両者の違いを解説します。

SUS303とSUS304の違い

SUS303とSUS304の物性比較

化学成分炭素(C)ケイ素(Si)マンガン(Mn)リン(P)硫黄(S)ニッケル(Ni)クロム(Cr)
SUS3030.15以下1.00以下2.00以下0.20以下0.15以下8.0~10.0以下17.0~19.0
SUS3040.08以下1.00以下2.00以下0.045以下0.030以下8.0~10.5018.0~20.0

大きな違いとしてはSUS303のほうがSUS304に比べてP(リン)とS(硫黄)を多く含んでいる点が挙げられます。また、耐力や引っ張り強さ、伸びなどの機械的性質についてはSUS303とSUS304では、ほとんど違いはありません。

外観(見た目)の違い

SUS303とSUS304は外観にはほぼ違いがないため、目視で見分けるのは困難です。

磁性による違い

SUS303とSUS304ともに磁性はなく、磁石で判別することはできません。また、ともに加工により加工硬化を起こした部分は構造の変化により磁性を持つことがあります。

切削性の違い

SUS304は固く粘り気があるため、切削性は良くはありません。SUS303はリンと硫黄を含有しているため、粘り気が少なく切削性に優れています。

溶接性の違い

SUS303はリンと硫黄を多く含有しているため、溶接性は良いとは言えません。溶接加工が必要な場合はSUS304の方が向いています。

耐食性の違い

ステンレスは耐食性に優れた金属です。その中でもSUS304は耐食性に優れ、水に触れるような用途など、錆や腐食が生じる環境での材質選定の際にはSUS303よりも適しています。

耐焼付性の違い

SUS304は金属同士が摩擦を起こした際などに表面が密着し、焼き付きを起こしてしまうことがあります。一方SUS303は焼き付きを起こしにくいため、金属同士が摩擦しあう環境では、SUS303のほうが向いています。

切粉による違い

先述したようにリンと硫黄を含有したSUS303は粘り気が少なく、SUS304粘り気があります。旋盤などで両者を加工すると、粘り気の少ないSUS303は、粉状で切粉が発生しますが、SUS304は一本の帯のような形状で切粉が発生しやすいという違いがあります。

Point

SUS303とSUS304は機械的性質などの面で似た性質を持っていますが、使用用途や加工方法によっては得意不得意が分かれます。切削加工はSUS303が、溶接加工はSUS304が優れています。

このサイトはアルミニウム合金やステンレス鋼を中心に、金属加工に関する情報をまとめています。金属切削加工の素材選定や加工方法などのご相談も承っています。お気軽にお問い合わせください。

タグ

関連記事


関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方