金属加工のワンポイント講座

金属加工のワンポイント講座

onepoint

  1. HOME
  2. 金属加工のワンポイント講座
  3. 治工具・治具製作の目的

治工具・治具製作の目的

治工具・治具製作とは

ものづくりの現場では製品の生産や開発、検査を効率化するためのサポートツールを使うことがあります。サポートの内容は製作する製品や作業内容によって異なります。そのため、目的に合わせたオーダーメイドの道具を設計・製作します。特注の部品が必要になることが多く、適切な素材・加工方法を選択することが製品の品質とコストに大きく影響します。

治具製作
治具製作
治具製作

治具製作の目的

治具は部品の製作や検査、特定の作業を効率化させるために使う道具です。加工現場ではワークを固定し、加工精度を高めたり、加工範囲を拡張する治具の製作が行われることが多いです。

例えばお椀状のワークにマシニングで穴を開ける加工は、そのままではステージ上にワークを固定するのは難しく、加工中に穴位置がずれる可能性があります。曲面にフィットして、かつステージに固定する治具を使うことで、穴位置のずれを防ぐことができます。

治具には加工の補助の他に、品質の安定化、作業の効率化のためにも使われます。治具を使用することで、作業をリードして、加工時間を短縮することができます。また、ワークをしっかりと固定し、正しく工具を誘導することで、加工精度が向上し、加工者による品質の「ばらつき」を防ぐことができます。

治具は工具とは異なり、加工や作業に必須ではありません。サポートする道具であり、さらにサポートする内容も作業内容や会社によって多岐に渡るため、その都度専用の治具の製作が必要になります。

治具の種類

種類役割
固定治具ワークを固定するバイス
切断治具ワークを決められたサイズに調整する切断機
塗装治具ワークを接着させるシーラー
挿入・引抜治具ワークの挿入・引抜位置をガイドするプーラー
カシメ治具ワーク同士の接合を補助するリベット
検査治具ワークの検査を補助するゲージ

当社の治具製作の特徴

構想段階からのご相談にも対応できます

治具の製作には多くの素材の中から、最適な素材を選ぶ必要があります。コストや加工難易度、求められる性能を考慮し最適な素材選択のお手伝いをします。加工可否だけでなく、使用者目線に立った提案もさせて頂きます。

図面なしでも見積・製作

図面が無くても手書きのイラストやパワーポイントの図からも見積・製作が可能です。3Dデータからの見積にも対応いたします。

スピード対応

お見積は最短2時間以内に回答します。短納期対応もいたしますので、お急ぎの場合はご相談ください。

治具の製作はメタルスピードにお任せください

当社は金属切削加工によるオーダーメイド部品製作を承ります。
短納期で高品質の金属加工部品を大阪・東京より全国へお届けします。

ご相談
お見積もり

このサイトはアルミ加工ステンレス加工を中心に、金属加工に関する情報をまとめています。金属切削加工の素材選定や加工方法などのご相談も承っています。お気軽にお問い合わせください。

タグ

関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方