金属加工・金属切削加工

管用ねじの用途と検査方法

2019.05.22

管用ねじとは

管用ねじとは配管や水道管等の接合部分に使用され、接続・結合する為に用いられています。
電気配線、気体、液体などが通る管に用いられる為、機械的結合または気密性・耐密性・水密性を目的に使用されている。

管用ねじの種類

管用ねじは国ごとの規格差による種類も存在し、ISO管用ねじ(管用テーパーねじ、管用平行ねじ)と、アメリカ管用ねじ(アメリカ管用ねじ、アメリカドライシール管用ねじ)があります。
ねじ山の角度が異なり、ISO管用ねじは55°、アメリカ管用ねじは60°です。
一般的に日本で使われているISO管用ねじの中で、管用テーパーおねじはR(PT)、管用テーパーめねじはRc(PT)と表記されます。
R、Rcは現在のISO規格ですが、カッコ内のPTは旧JIS規格で使用されていたものです。
管用平行ねじはRp(PS)、G(PF)と表記されます。
こちらもRp、Gは現在のISO規格ですが、カッコ内のPS、PFは旧JIS規格で使用されていたものです。
図面などではアルファベットの後に呼び径を付けて、「R1/4」のように表記されます。

また「R1/4-19」の様に表記されることもあり、25.4mmに対する山数を表しています。
この場合のハイフン以降の19は25.4mmに19山という意味です。
アメリカ管用ねじはNPT、アメリカドライシール管用ねじはNPTFと表記されます。
こちらも「NPT1/4-18」の様に表記され、1/4は呼び径、ハイフン以降の18はねじ山数を表しています。

管用ねじの使い方

管用ねじには、耐密結合と機械結合という2種類の使用目的があり、目的別に使用するネジの組み合わせなども変化します。
耐密結合にはR(PT)とRc(PT)の組み合わせ、またはR(PT)とRp(PS)の組み合わせを使用します。
これらの組み合わせではシール材やシールテープを塗布して施工し、ねじ同士を密着させます。
機械結合にはG(PF)同士の組み合わせを使用します。
こちらはねじ先端にパッキンを使用し、気密性を保持させます。
Rp(PS)とG(PF)はどちらも平行ねじですが、寸法許容差がわずかに違うため、組み合わせて使うことはありません。

管用ねじの用途

管用テーパーネジは気密性・耐密性・水密性が高いので、水道管、水栓(蛇口)、ガス配管等の気体、液体などが通る管に用いられます。
一方、管用平行ねじは機械的結合に使用されるため、機械部品の結合に使用されます。

管用ねじの検査方法

R(PT)とRc(PT)はテーパーねじ用ゲージがあります。
R(PT)にはリングゲージ、 Rc(PT)にはプラグゲージを使用し、最小切り欠きと最大切り欠きの範囲内に収まれば合格という判定方法になります。
またRpもプラグゲージを使用して検査します。
G(PT)は限界ねじゲージを使用し、通りねじが無理なく通り、止まりねじ2回転を超えて入らなければ合格という判定方法になります。


メタルスピードでは材料の仕入れから管用ねじ加工、切削、表面処理まで一貫して承っており、検査体制も万全に整えています。

アルミ加工、ステンレス加工、金属加工はメタルスピードにお任せください。
短納期で高品質の金属加工部品を大阪・東京より全国へお届けします。

  • 無料お見積り×2時間以内に返答対応

    • 大阪TEL:06-6976-3326
      FAX:06-6976-9758
    • 東京TEL:03-5426-3363
      FAX:03-5426-3358

    メールでのご連絡は info@metal-speed.com まで

  • 無料お見積りフォーム