金属加工方法

金属加工方法

technology

  1. HOME
  2. 金属加工方法
  3. アルマイト

アルマイト

加工内容

アルマイトはアルミニウム合金を陽極で電解処理することで表面に酸化皮膜(陽極酸化皮膜)を作る表面処理です。 主に耐食性、耐摩耗性の向上を目的として行います。カラーリングなどの装飾目的にも使われます。

アルミニウム合金は酸素と結びつきやすく、空気に触れることで酸化皮膜を作ります。しかし、この皮膜は非常に薄いので、環境によっては皮膜を失い腐食してしまいます。それを防ぐために人工的に厚い酸化皮膜を作ります。

番手1000~7000番台のアルミニウム合金に処理ができます。1000番台→5000番台→6000番台→2000番台→7000番台の順で、1000番台が一番処理しやすく、7000番台が一番処理しにくい特徴があります。

素材の表面より内部にもアルマイト皮膜が形成されるので、再アルマイトする際は肉痩せすることになる点に注意が必要です。

アルマイトの種類

白アルマイト

無色のアルマイトです。白色に着色するわけではなく、素材に近いままの色に仕上がります。膜厚は6~10μと薄めで、寸法精度の要求が高いものに使用しやすい処理です。

カラーアルマイト

着色するアルマイト処理です。黒・青・赤・緑色など様々な着色が可能です。膜厚は15~30μ程度です。防錆と同時に装飾のためのカラーリングができます。目に見える箇所に使用される部品や製品で多い処理です。

艶消し黒色アルマイト

素材の表面をブラストなどの前処理で艶消し状態にし、黒アルマイト処理を行うことで、光が反射しにくい表面にすることが可能です。メッキ後に摺動性を向上させたい場合に選定されます。

硬質アルマイト

皮膜の硬さ、耐摩耗性に優れたアルマイト処理です。絶縁皮膜であるため絶縁性を付与することもできます。膜厚を厚くすることにより、さらに耐摩耗性が向上します。膜厚は50μm程度が一般的です。色は材質や膜厚によって変化します。例えばA2017に30μ程のせると、緑色のような色になります。

対応する素材

その他 素材

関連コンテンツ

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方