金属加工のワンポイント講座

金属加工のワンポイント講座

onepoint

  1. HOME
  2. 金属加工のワンポイント講座

金属加工に関する解説です

A5000番系とA6000番系の違い|アルミニウム合金

A5000番系とA6000番系の違い|アルミニウム合金

金属の切削加工の材料として、頻繁にアルミニウムですが、使用される材料のほとんどは純度100%ではなく、他の金属を添加し、その金属の性質を合わせたアルミニウム合金として使用されます。その理由はアルミニウムは他の金属に比べて軽く、錆びにくいという特徴を持つ反面、柔らかく傷つきやすいため、そのまま使うと強度が足りないためです。アルミニウム合金は含有する金属によって番手が定められています。この記事ではその中でも5000番系と6000番系の特徴について解説しています。

アルミニウム合金の種類とその特徴

アルミニウム合金の種類とその特徴

一般に使われている部品のアルミには、純アルミの欠点を克服する為にマンガンや銅、ケイ素、亜鉛、マグネシウム、ニッケルなどが加えられています。上記の金属の性質を合わせることで、強度を上げつつアルミの長所である軽さを併せ持った金属ができます。ここでは主に展伸法と言われる方法で製作されたアルミニウムについてそれぞれ番手とその特徴を紹介します。

123

お見積り・お問い合わせ

無料お見積り2時間以内に返答対応
メールでのご連絡は
info@metal-speed.com まで

お問い合わせはこちら
お問い合わせ
2時間以内に回答 無料見積もり相談 大学・研究機関の方