焼入れ・窒化

焼入れとは硬度を上げるための熱処理です。材料に炭素が含まれていないと硬度は上がりません。炭素が含まれている代表例は「S45C(丸材)」「S50C(板材)」「SCM435(丸材)」「SCM440(板材)」などです。 また、素材から焼入れされた「調質材」というものもあります。

加工方法例

noimage

「ズブ焼き」一番安く、材質も幅広く対応。納期は中1~2日。

noimage

「真空焼入れ」寸法変化少ない。納期は中1~2日。

noimage

「高周波焼入れ」部分的に硬度を上げるため。納期は中2~3日。

noimage

「窒化処理」焼入れ温度が低いので寸法変化がほとんどない。

焼入れ・窒化に
用いる設備例

製品事例

まだ記事はありません。

メタルスピードが選ばれる理由

  • 柔軟な対応力
    2時間以内の見積もり
    中間マージンをカットして低コストを実現
    最少ロット1個から
    2D・3D・手書き等、データはなんでもOK
  • 多品目・高品質
    難度の高い素材・加工にも幅広く対応
    職人技×ITで低価格を実現
    トリプルチェックで不良品の流出を防ぐ
    納期厳守率99.25%
  • 無料お見積り×2時間以内に返答対応

    • 大阪TEL:06-6976-3326
      FAX:06-6976-9758
    • 東京TEL:03-5426-3363
      FAX:03-5426-3358

    メールでのご連絡は info@metal-speed.com まで

  • 無料お見積りフォーム