金属加工・金属切削加工

ステンレス(SUS) | ホット材・コールド材

2018.03.19
ステンレス(SUS)の分類

ステンレス材は、製造方法と表面状態が密接に関係しています。
製造工程の中で、ホット材とコールド材と呼ばれる材料に分かれます。

■ホット材とは
熱間圧延材のことです。(圧延は回転する複数個のローラーの間に金属を通し、板状等の形に加工する方法です)
熱間圧延は、金属の再結晶温度よりも高い900~1200度で加工します。
加工後、酸化膜や汚れに覆われている表面を酸で洗い流しますが、粗い状態です。(艶のない、梨地のような表面になります)
1番目の加工工程で仕上がるので、No.1材とも呼ばれています。
ホット材は加工工程での内部応力をほとんど持たないので、加工を加えても材料が変形することなく、安定した材料といえます。
ただ、表面をキレイに仕上げるためには追加で加工が必要なため、手間がかかりその分金額も高くなります。

■コールド材とは
ホット材を冷間圧延した材料のことです。
冷間圧延は、金属の再結晶温度よりも低い、720℃以下で加工します。
表面は光沢があり、つるっとした仕上げになります。
2番目の加工工程でできあがるので、No.2とも呼ばれ、光沢を意味するブライトのBと合わせて2B材とも呼ばれています。
コールド材は加工工程での内部応力を持っているため、加工した際に歪が発生しやすいです。
特に巾や長さ方向への加工は、あまり加えないことが望ましいです。

ステンレス(SUS)の表面処理

ステンレス(SUS)には様々な表面仕上げがあります。 仕上げ方法により表面の見た目が、ぴかぴかとした光沢がある・ない、模様が入っている、等といったように変わってきます。
以下の表で主な表面処理・及びどのような見た目になるかを紹介します。
ステンレス(SUS)表面処理一覧
名称 見た目 仕上げの方法 用途
No.1 銀白色で光沢がない 熱間圧延後、酸洗で仕上げたもの。 表面の光沢が必要とならない部品等に使用されます
2B材 少しだけ光沢があります。 冷間圧延(製造上の2番目の工程でできます) 一般的工材(市販品の多くは2B材です)
2D材 灰色で艶消しのような仕上げ 冷間圧延後、焼鈍→酸洗で仕上げたもの。 建材などの一般的工材
No.3 光沢あり。粗い目の仕上げ 100~120番のベルトで研磨処理したもの。 キッチン等の厨房用の材料
No.4 光沢あり。こまかい目の仕上げ 150~180番のベルトで研磨処理したもの。 医療機器・車両・厨房用の材料
#240 細かい目の研磨仕上げ 240番程度のベルトで研磨処理したもの。 医療機器・車両・厨房用の材料
#320 #240よりさらに細い目の研磨仕上げ 320番程度のベルトで研磨処理したもの。 医療機器・車両・厨房用の材料
#400 鏡面に近い光沢 400番のバフ研磨で仕上げたもの。 表面の光沢が求められる部品。装飾用など。
ステンレス(SUS)加工、金属加工はメタルスピードにお任せ下さい。
短納期で高品質の金属加工部品をお届けします。

ステンレス(SUS)の特徴についてはこちら

ステンレス(SUS)の種類についてはこちら
  • 無料お見積り×2時間以内に返答対応

    • 大阪TEL:06-6976-3326
      FAX:06-6976-9758
    • 東京TEL:03-5426-3363
      FAX:03-5426-3358

    メールでのご連絡は info@metal-speed.com まで

  • 無料お見積りフォーム